体つくりはタンパク質だけではダメ?

ビタミン・ミネラル

体つくりにおいて栄養補給は重要な要素です。その中、重要なタンパク質・炭水化物を以前に紹介しましたが、
体つくりはタンパク質・炭水化物だけで十分なわけではありません。
ビタミン・ミネラルは人間の体をつくり、体の機能を正常に保つために必要である基本的な物質です。
さらに、筋トレを始めとする運動をするということは、大量のエネルギーを消費し、筋肉に刺激(ダメージ)を与える。
ということなので、体つくりを行っている人は一般の方よりも、ビタミン・ミネラルは重要です。

エネルギー代謝を助けるビタミンB

筋トレをする人やアスリートは、大量のエネルギーを消費しますが、主な源は炭水化物・タンパク質です。この炭水化物・
タンパク質を分解する酵素としてビタミンB群が非常に重要な働きをしています。
つまり、どれほど炭水化物・タンパク質を摂取してもビタミンB群が不足すると、エネルギーに分解されず貯蔵エネルギーの
脂肪となってしまうのです。
このビタミンB群を含む食物で代表的なものは、豚肉・玄米・バナナなどです。

細胞の老化を防ぐビタミンA・C・E

筋トレをする人やアスリートは、大量の酵素を取込み、体の酸化を進める活性酸素を発生させています。
活性酸素は細胞を老化させ、組織の機能に障害を引き起こすと言われています。
ビタミンA・C・Eは この活性酸素から体を守るのに非常に有効です。
このビタミンA・C・Eを含む食物で代表的なものは、モロヘイヤ・オレンジ・鰻などです。

貧血を防ぐ鉄

筋トレをする人やアスリートが、鉄欠乏性貧血により、有酸素運動が出来ない。疲労しやすくなる。体温調節機能の低下。
免疫力の低下ということは、しばしば発生しています。
これらを防ぐために鉄分の補給を意識的に行いましょう。
このビタミンA・C・Eを含む食物で代表的なものは、レバー・あさり・納豆などです。


ビタミン・ミネラルを積極的に補給し、常にいいコンディションで筋トレをしましょう!



LINEで送る