筋トレにオススメの時間

timezone

朝早く起きて一日の始まりに筋トレをする人、仕事終わりの夜に筋トレをする人、時間帯を固定せず思い立った時に筋トレをする人――人によって筋トレを行う時間帯はさまざまです。

そんな筋トレですが、実は効果的な時間帯というものがあります。今回は筋トレにオススメな時間帯を紹介していきます。

ズバリ、筋トレにオススメなのは夕方だ!

筋トレに適した時間帯は、夕方です。夕方の中でも夕食から2-3時間後、かつ、寝る直前でない時間帯となります。以下でその理由について説明しましょう。

理由その1.筋肉がよく動く

筋トレに適した時間帯を決める一つ目の要素は、筋肉がよく動く時間なのか、そうでないかです。

筋肉がよく動く状態での筋トレは、ハードなトレーニングを可能にします。筋肉に強い刺激を与えることができ、さらにケガのリスクも小さくするのです。

この筋肉がよく動く時間帯は、日中の活動により筋肉がほぐれている夕方以降となります。

理由その2.体温が高い

筋トレに適した時間帯を決める二つ目の要素は体温です。

体温が高い状態で筋トレを行うと、血液量が増えて体のエネルギー分解が促進されます。さらに、内臓の働きが活発で消化吸収もいいので、筋肉の成長に効果的です。この、体温が高い時間帯が夕方なのです。

理由その3.消化・睡眠を妨げない

筋トレに適した時間帯を決める三つ目の要素は、食後から適度な時間が経過していることと、睡眠を妨げないことです。

食事の直後の筋トレは、本来胃に集まるべき血液が分散されてしまい、消化の妨げになります。逆に空腹時に筋トレを行うのもよくありません。空腹時に筋トレを行うと、筋肉を分解してエネルギーを作り出すため、体作りにとってむしろ逆効果だからです。

また、寝る直前に筋トレをしても、十分な効果は得られません。神経が高ぶり眠りが浅くなることで、成長ホルモンの分泌に悪影響をおよぼすからです。

朝の筋トレの注意点

とはいっても、この時間帯に筋トレができない人もいらっしゃると思います。仕事の都合や習慣となっているなどの理由で朝にトレーニングをする人への注意点です。

まずは、筋トレ前に余裕を持って起床し、軽く栄養を摂取すること。次に、ウォーミングアップを入念に行うことです。これらを行うことにより、筋肉がよく動く状態が生まれ、筋肉を分解してエネルギーを作る状態を避けることができます。

また、特定の時間帯に筋トレを継続することで、体に「この時間が筋トレにとって効果的な時間帯」と覚えさせることができるとも言われています。



LINEで送る