筋肉を作るタンパク質の摂り方

肉

体つくりにおいて栄養補給は重要な要素です。その中でもトレーニングを行っている人・トレーニングに興味がある人が一番、頻繁に耳にする栄養素はタンパク質ではないでしょうか?そんなタンパク質について徹底解説していきます。

たんぱく質の効果

タンパク質が重要と言われるのはなぜでしょう?その理由は、タンパク質が体を作るからです。食べ物から摂取されたタンパク質はアミノ酸に分解され筋肉・骨・血液・内蔵など体の大部分の材料となります。つまり、タンパク質はトレーニングによって破壊された筋肉の修復の材料となるのです。

タンパク質を多く含む食材

タンパク質を多く含む食材として代表的なものは、肉・魚・乳製品・卵・大豆食品です。タンパク質を多く摂る。というと肉ばかりを食べようと考えてしましますが、各食材によって同じタンパク質でも含まれるアミノ酸の種類が違うので様々な食材からバランスよくタンパク質を摂取することが重要です。

たんぱく質の摂取量

タンパク質を摂取して筋肉をつける。と聞いてもどれくらい摂取すればよいか分からない。という方も多いのではないでしょうか。一日の必要タンパク質量はトレーニングをしてない人で体重1キログラム1グラム。トレーニングをしている人では体重1キログラムあったり2グラムと言われています。

また、身体が一回に吸収できるタンパク質の量には限りがあり、最近の研究では体重1キログラムあたり0.25グラムが吸収できる上限と言われています。タンパク質の過剰摂取は、肥満や腎臓の負担にもなりますので適切な量の摂取を心がけましょう。

タンパク質を簡単に摂れるプロテイン

プロテインとはタンパク質のことです。タンパク質を十分に摂取する。といっても我々の普段の生活の中で、肉や魚・乳製品・卵・大豆食品をこまめに摂取することはなかなか難しいです。また、トレーニング直後にこれらの食材を摂取しても十分に消化出来ないです。そこで、役に立つのがプロテインサプリメントです。

タンパク質を、適切に摂取し、理想の体をつくりあげましょう。



  

LINEで送る