筋トレの分割法

分割法

筋トレをはじめて一定期間が経過した方の中には、一回の筋トレで全身の筋肉を鍛えているが、筋肉痛が取れにくくなってきた、トレーニングの記録が伸びなくなってきた、などの悩みを持っている方もいるのではないでしょうか?
そこで、今回は全身の筋肉を複数に分けて、筋トレを行う分割法について説明していきます。

分割法を行う理由

筋トレを始めるときには、できるだけ少ない回数で全身を鍛える、筋トレを行う習慣を付ける、などの理由から一回の筋トレで全身の筋肉を鍛えることから始めることが多いです。しかし、筋トレを始めてある程度の実力がついてくると、扱う重量が大きくなり、筋トレの強度が上がると、筋肉痛が取れず高頻度で筋トレが行えない、筋肉痛が残ったコンディションで筋トレを繰り返している、種目数が増え筋トレにかかる時間が長くなっている、などの理由により、トレーニングの記録が伸び悩んでしまうということにつながりがちです。
そこで、全身の筋肉を複数に分け、一回のトレーニングで十分な量の筋トレを行いつつ、筋肉が回復した状態でトレーニングを行う分割法を用いることは効果的です。

分割法の種類

分割法の仕方は多数ありますが、一般的な分割法は下記のようとなります。

分割法2

分割法の選び方

分割法はトレーニングの頻度によって決まります。トレーニングは目的より適切な頻度があるので、その頻度に沿った筋トレを行える分割法を選択する事が重要です。つまり体を大きくしたいという目的で週三回、筋トレをしているなら各部位48-72時間の休息が必要なのでニ分割か三分割を選択するといった具合です。
また分割の仕方に関しては上記にて一般的なものを紹介しましたが、他にも分け方はありますので自分にあった分割法を探してみましょう。


分割法を用いて、筋トレをする種目数・強度・頻度を確保し目指すからだを作り上げましょう。



LINEで送る