筋トレのし過ぎは逆効果

休息

筋トレをやったことがある方・興味のある方の中には、トレーニングの効果を出すためには出来る限り多くのトレーニングをした方がいい。このように考えている方もいるのではないでしょうか?
また、毎日腕立てや腹筋をしているけど筋肉がつかない。このような悩みを持っている人もいるのではないでしょうか?
その一つの原因に、オーバートレーニング。休息を取れていないことがあります。

休息の意味

筋トレの効果は、トレーニングによって破壊された筋肉が、休息時に修復し筋肉の総量がトレーニング前よりも増加することで表れます。この筋肉量が増加することを超回復と言います。つまり、目指す体を手に入れるためには、適度な休息は必要不可欠なのです。逆に、疲労が残っている状態でトレーニングを繰り返すことは、筋トレの効果が正しく得られないだけでなく、怪我のリスクを高めることにもなってしまいます。

休息時間の目安

また、必要な休息の時間は個人差ももちろんありますが、筋トレの目的によって大きく二つに別れます。
筋力アップやバルクアップを目的とするトレーニングでは、筋肉に対するトレーニングダメージが大きく、疲労回復や筋肉の修復に時間がかかるので、同じ部位であれば3~4日の休息日を設けるべきと言われています。一方で、シェイプアップや持久力向上を目的とするトレーニングであれば1~2日の休息日で十分だと言われています。どちらも、わかりやすい目安は、部位ごとの筋肉痛や疲労感がなくなってからトレーニングをするということです。この適度な休息が取れていれば、毎回少しずつ重量を上げたり、回数を増やしたりという形で、トレーニング記録を伸ばしていくことが出来るはずです。


しっかり筋トレをした後には、しっかり休息をとって目指す体を作り上げましょう!!


LINEで送る