呼吸法

呼吸法

筋トレを行っている方・興味のある方にとって非常に重要ですが、行っていない、意識していない人が多いのが呼吸の仕方です。筋トレをしている際に息を止めていて、筋トレが終わったら頭が痛くなり体調不良になったことがある方もいるのではないでしょうか?体つくりには筋トレのフォーム、栄養摂取とともに呼吸法が非常に重要です。今回は筋トレ時の呼吸法について解説していきます。

筋トレ時の呼吸法

筋トレ時の呼吸法の基本は、大きく二つあります。一つ目は、筋肉を縮めるときには息を吐き、筋肉を伸ばすときには息を吸うことです。すなわち、ウェイトを上げたり引いたりするコンセントリック(短縮性収縮)時には息を吐き、ウェイトを下ろしたり戻したりするエキセントリック(伸張性収縮)時には息を吸うということです。二つ目は、1レップの中で息を吸い吐き切るということ完結させ、毎レップ繰り返すということです。この二つを具体的に説明すると、比較的スピードの遅いウェイトを下げるときにゆっくり息を吸い、比較的スピードの早いウェイトを挙げるときに息を吐き切るということです。

呼吸法の効果

筋トレでウェイトを挙げる、引くという動作は、筋肉を動かすという体の機能を発揮するということです。この体の機能の発揮には、体に酸素があるという状態が必要なので、適切な呼吸法を行うことはリフティング能力やカロリー消費を向上させることが出来ると言われています。また、息を吐ききった状態というのは体幹が安定した状態になるので、姿勢を保つ事もできます。
つまり、適切な呼吸法を行えば、筋トレで重要なレップを重ねる中での最後の一回を挙げるという局面で、体に酸素があり、体幹が固まった状態となるので、最後に力を出し切ることができるのです。


筋トレのフォームと同様に重要な呼吸法を身に付け、目指す体を作り上げましょう!


LINEで送る