筋トレ前の食事

筋トレ前の食事

筋トレを行っている方・興味のある方の中には、筋トレ前のどのタイミングで何を食べればいいか悩んでいる方もいるのではないでしょうか?また、空腹で筋トレを実施したら翌日に激しい疲労感に襲われた。筋トレの直前に食事をしたら筋トレ中に気持ち悪くなったなどの経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?筋トレで筋肉を付けるには、動くためのエネルギー、筋肉を作る材料の二つを摂取することが非常に重要で、度のタイミングで何を食べるかということも非常に重要です。今回は筋トレ前の食事について解説していきます。

炭水化物

筋トレは非常に多くのエネルギーを消費するため、筋トレの前に炭水化物を摂取し、筋トレ時にエネルギーに転換される状態にしておくことは非常に重要です。ここで注意すべきは炭水化物の分解するスピードには差のあるということです。筋トレの最初に消化が追いつかない状態にならず、最後までエネルギーの枯渇を防ぐためにこれらを意識して炭水化物を摂取する必要があります。消化の遅い、米、パスタは筋トレの2時間ほど前、バナナなどのフルーツは筋トレの1時間ほど前に摂取することがおすすめです。

タンパク質

筋トレは多くの筋繊維を破壊し回復する際に大きく強くなるので、筋トレの前にタンパク質を摂取し、筋トレ時にエネルギーに転換される状態にしておくことは非常に重要です。ここで注意すべきはタンパク質を分解するスピードに加え、脂肪分の多い食事を避けるということです。肉や魚などの多くのタンパク質を含む食品は、消化に時間がかかり、脂肪分を含むものが多いので、筋トレの2時間以上前に摂取する必要があります。

筋トレ直前の食事

筋トレ直前の食事としては炭水化物、タンパク質が重要なことは変わりないですが、より消化のスピードが早いものを選択する必要があります。具体的には炭水化物ではパンやオートミール、タンパク質ではヨーグルトなどは筋トレの30分ほど前に摂取することができます。これよりも筋トレの直前となる10分から20分前になると、分解された状態の炭水化物であるマルトデキストリン、炭水化物ではアミノ酸を摂取することがオススメです。また、カフェインは運動前に摂取すると、集中力の向上、脂肪燃焼、パフォーマンスの向上などの効果があると言われていますので、運動直前にコーヒーを摂取することもおすすめです。


筋トレまでの時間にマッチした栄養を摂取し、効果的に目指す身体を作り上げましょう!


LINEで送る