ノンロック法

ノンロック法

筋トレをやったことがある方・興味のある方の中には、なかなか身体が変化しない、扱えるウェイトの重さが上がらない。このような悩みに直面している人もいるのではないでしょうか?この伸び悩みを打破する方法を以前紹介しましたが、今回はその負荷を変える具体的方法のひとつを紹介していきます。

ノンロック法とは

負荷を変える方法のひとつにノンロック法があります。普通の筋トレでは可動域を最大に使用するため、動作のトップ(ウェイトを上げきった状態)やボトム(ウェイトを下げきった状態)で、筋肉を伸ばしきって関節をロック状態にします。ノンロック法とは、言葉の通り動作のトップやボトムで筋肉を伸ばしきらず関節のノンロック状態を保ったままトレーニングを続けることを言います。

ノンロック法のメリット

ノンロック法で筋トレを行うと、動作中に筋肉が休まるタイミングがないので筋肉への血流が制限されます。血流が制限されると筋肉が酸素不足に陥り代謝物が蓄積され、筋肉が激しい運動をした時と同様の状態となり、筋肉に強烈な刺激が加えられるとともに、成長ホルモンの分泌が促進されます。この成長ホルモンは、傷ついた筋肉を修復し、筋肉作りを活発にします。


ノンロック法で停滞期を打破し、効果的に目指す体を作り上げましょう!


LINEで送る