メガレップトレーニング

メガレップトレーニング

筋トレをやったことがある方・興味のある方の中には、なかなか身体が変化しない、扱えるウェイトの重さが上がらない。このような悩みに直面している人もいるのではないでしょうか?この伸び悩みを打破する方法を以前紹介しましたが、今回はその負荷を変える具体的方法のひとつを紹介していきます。

メガレップトレーニングとは?

負荷を変える方法のひとつにメガレップトレーニングがあります。メガレップとは、言葉の通りとてつもなく多くの回数のことを指します。つまり、メガレップトレーニングとはひとつのトレーニングメニューを多くレップス行うトレーニングを言い、多くのレップスを100回で設定する方が多いので別名100レップストレーニングとも言われます。つまり、普通の筋トレでは何回何セットのようにセット数と各セットでのレップ数を決めてトレーニングをするところを、何セットかかってもいいので決めたレップまで同じトレーニングメニューを継続して行うということです。

メリット、注意点

このメガレップトレーニングのメリットは、負荷を変えることで筋肉に与える刺激を変えることに加え、トレーニングメニューの変更を行わないので、移動してウェイトを付け替えてという時間をほぼ必要としないことで短時間で強度の高いトレーニングを行える事があります。逆に注意点としては、限界までウェイトを挙上しなければ意味が無いので、メガレップを行うからと言って重量を落としすぎず15RM程度の重量で実施することです。ウェイトを使用するトレーニングメニューでは途中でウェイトを付け替えることも可能です。また、ひとつの器具を長時間使用しなければならないことと、強度が高いためフォームが崩れてしまう可能性のあることがあります。これらの注意点の対策として、マシンで実施したり、ジムに行けない際の自重トレーニングとして実施するなどの方法があります。

強烈な刺激

最後に、一度実施してみればわかると思いますが、メがレップトレーニングでは、筋肉がダメージを受ける敏感になっく状態で筋トレを繰り返すので、トレーニングの後半では、強い筋肉痛に何度も襲われます。また、終わった後の感覚は対象部位が2倍の大きさになっているように感じるほどになります。さらに、パンプした状態と筋肉痛はトレーニング終了後、長期間続きます。これらを踏まえてメガレップトレーニングを実施するときは、十分に気合を入れて翌日に支障がない日に実施することが重要です。


メガレップトレーニングで筋肉に強烈な刺激を刺激を与え、効果的に目指す体を作り上げましょう!



LINEで送る