ダンベル?バーベル?自重?

筋肥大

筋トレを行っている方・興味のある方の目的は筋トレを行っている方・興味のある方の目的は、体を大きくする、腹筋を割る等様々です。しかし、共通の悩みには使用する器具ということがあるのではないでしょうか?使用すべきはダンベル、バーベル、マシン、自重のいずれか?ということです。今回は、その中でダンベルトレーニング・バーベルトレーニング・自重トレーニングの特徴を解説していきます。

まとめてフリーウェイト

ダンベル・バーベル・自重を使用したトレーニングには、自分で自分の姿勢を保ちバランスを保ちながら行う、という共通点があります。そのため、自重・ダンベル・バーベルを使用したトレーニングはまとめてフリーウェイトトレーニングと呼ばれます。

フリーウェイトトレーニングの利点

フリーウェイトトレーニングの特徴は、トレーニングの軌道や動作範囲を自分で決めて行えるので、自分の身体的特徴・行っている競技の特徴にあった筋肉を鍛えることが出来るということが有ります。また、自分で自分の姿勢を保ちバランスを保ちながら行うので姿勢を保つ筋肉も鍛えられ、筋トレを競技のパフォーマンスに結びつけやすいという特徴もあります。

フリーウェイトトレーニングの注意点

一方で、フリーウェイトトレーニングはトレーニングの軌道や動作範囲を自分で決めて行うので、正確なフォームを覚えるのに時間がかかるということ特徴も有ります。さらに、この特徴のためギリギリの重量やセット数で追い込んでいる時には、思わぬ方向に負荷がかかって筋肉や腱にダメージを与えてしまう可能性があります。フリーウェイトトレーニングを行うには焦らずに正確なフォームを習得し、追い込む際には補助者をつけるなどの最大限の注意を払うことが重要です。

ダンベル・バーベル・自重、それぞれの特徴

トレーニングの軌道や動作範囲を自分で決める自由度は、自重〉ダンベル〉バーベルの順となります。つまり、重い重量で特定の筋肉に大きな負荷を加えたい場合はバーベルトレーニング、行っている競技の特徴にあった筋肉・動作を鍛えるには自重トレーニング、その両方の要素をバランスよく取り入れたトレーニングを行うにはダンベルトレーニングが最適となるということです。また、使用する器具の大きさも、自重〉ダンベル〉バーベルなので、場所を選ばずにいつでもどこでもトレーニングが行えるのもこの順となります。


フリーウェイトトレーニングを積極的に行い、目指す体をつくりあげましょう!



LINEで送る