コンセントリック・エキセントリック

コンセントリック

筋トレを一定期間とり組んでいる人の中には、筋肉への刺激が少なくなってきた、記録が伸びなくなってきた、という方もいるのではないでしょうか?
そこで、今回は役に立つウェイトの上げ方・下げ方を紹介していきます。

集中すべきはウェイトを上げるとき?下げるとき?

ほとんど全ての筋トレは、ウェイトを上げる、下げるという二つの動作でできています。このそれぞれの動作を意識をしてトレーニングをしている人は多くないのではないでしょうか?特に多くの人が、陥りがちなのが、ウェイトを上げるときには全力で力を入れているが、下げるときには力を抜くということです。これはできるだけ重い重量をあげる筋力アップには効果的ですが、多くの方が目的としている、筋肉を大きくする・シェイプアップなどには不十分です。つまり、これらの目的に対する効果を大きくするためには、ウェイトを上げるとき、下げる時の両方に意識して行うことが非常に重要なのです。

コンセントリック・エキセントリック

ウェイトを上げたり引いたりする運動はコンセントリック(短縮性収縮)、下ろしたり戻したりする運動はエキセントリック(伸張性収縮)といいます。その中で意識する重要な点は、コンセントリックは早く、エキセントリックはゆっくりという動作の基本です。
コンセントリック時は筋肉を収縮させる段階なので、適切な重量に対して、できるだけ多くの筋肉を使うと動作は早くなります。逆に、エキセントリック時は筋肉を伸張させる段階なので、筋肉に負荷をかけ続けると、重力に抵抗することとなり、動作はゆっくりになります。


ウェイトを上げたり引いたりするコンセントリック、下ろしたり戻したりするエキセントリック、それぞれの動作を意識して効果的に目指す体を作り上げましょう!



LINEで送る