ブロッコリー

ブロッコリー

筋トレを行っている方・興味のある方の中には、ボディビルダーがやたらとブロッコリーを食べるというのを知っている方もいるのではないでしょうか?筋肉を付けるには肉などのタンパク質と思いがちですがブロッコリーを始めとする野菜を摂取することも非常に重要です。今回はブロッコリーの体つくりとの関係ついて解説していきます。

ブロッコリーは筋肉をつける栄養バランスが一番

野菜の中でもブロッコリーが体つくりに効果がある理由は、筋肉をつける栄養バランスが一番であるためです。さらに同じく栄養バランスの良いパセリやしそに比べて量を食べやすいという理由もあります。

ブロッコリー栄養素

ブロッコリーの持つ栄養素のうち体つくりに効果的なのが、ビタミンB群、ビタミンC・食物繊維、カルシウム、マグネシウム、インドール- 3-カルビノールとインドリルメタンです。
ビタミンB群は糖質の分解を助け、脂肪の代謝を促し、タンパク質をアミノ酸に分解します。ビタミンCはストレス抵抗を高め血流の悪化を防止するため疲労回復を促進する他の栄養素の吸収を助けます。食物繊維は消化に時間がかかるため血糖値を上げずにエネルギーレベルを維持でき整腸効果もあります。カルシウムは、筋肉の大敵ストレスを解消する精神を安定させる効果があり、骨の成分としても大変重要なミネラルです。マグネシウムはタンパク質の合成、エネルギー代謝、筋肉の収縮に効果的です。インドール- 3-カルビノールとインドリルメタンは女性ホルモン(エストロゲン)によるマイナス作用、筋肉の発達を妨げ体脂肪を貯蔵する働きを抑えることに効果があります。
このようにブロッコリーの持つ様々な栄養素は、それぞれの持つ効果で体つくりに役立ちます。


抜群の栄養を持つ野菜、ブロッコリーを積極的に摂取し、効果的に目指す身体を作り上げましょう!


LINEで送る