筋トレを始めるべき年齢

筋トレを始めるべき年齢

筋トレを行っている方・興味のある方の中には、こどもにも筋トレをさせたいと考えているんだけど、こどもの内に筋トレをすると身長が伸びなくなるのではと、迷っている方もいるのではないでしょうか?今回は、こどもの筋トレと身長の関係の一般論を解説していきます。

筋トレを始めるべきは成長期

早速ですが、筋トレを始めるべき年齢は中学生後半から高校生の成長期=思春期が始まった頃と言われています。なぜなら筋トレをして筋肉を付けるために必要な成長ホルモンの分泌最大になるのがこの年齢なためです。また、筋トレをすると筋肉が太くなり骨を抑えつけるので、骨が成長しないというウワサもありますが、研究結果によると骨の成長する力に対して筋肉が押さえつける力は圧倒的に小さいので影響はないとされています。さらに、筋トレをすることは成長ホルモンの分泌に好影響を与えるので、この年齢での筋トレは身長が伸びることにも効果的と考えられています。

成長期の筋トレの注意点

一方で、成長期の筋トレでは、軟骨への負担、栄養補給に気をつけることが非常に重要です。まず、軟骨の負担に関しては、骨の末端にある骨端軟骨は成長軟骨とも呼ばれ身長への関係が強いので大きな負担をかけることには気をつける必要があります。具体的には、関節を極度に曲げるような種目や、ひとつの関節だけに大きな負荷をかける単関節種目、6回以下の高重量種目をさけ、10-12回の筋肥大トレーニングの、多関節種目を組み合わせて実施することが効果的となります。また、栄養補給についてですが、筋トレをして筋肉を成長させること以前に、骨を成長させる=身長を伸ばすことに栄養が必要です。そのため、成長期に筋トレで筋肉を付けるためにはより多くの栄養補給が必要となります。


成長期での筋トレの効果と注意点を理解して、効果的に目指す身体を作り上げましょう!


LINEで送る