利用規約

Fitness Archive利用規約

第1条(総則)
1. Fitness Archive利用規約(以下「本規約」といいます)は、クロスプラネット株式会社並びにその親会社及び当該親会社の関係会社で構成されるゼビオグループ(以下「当グループ」といいます。)と利用者との間の本サービスに関するすべての関係に適用するものとします。
2. 本サービスの利用者は、本規約に同意の上、本サービスを利用するものとします。本サービスをご利用いただいた場合は、同意画面での同意の有無にかかわらず、同意いただいたものとみなします。
3. 当グループは、本規約を利用者への予告なしに改訂できるものとします。変更後の本規約は、過去の規約に優先して適用されるものとし、本サービス上に掲載した時点をもって効力を生じるものとします。変更後の利用者による本サービスの利用により、会員は変更後の規約に同意したものとみなされます。
4. 本サービスの会員向けに、当グループからの各種情報を配信する場合があります。利用者はこれに同意いただいたものとみなします。ただし、利用者は任意に自己への配信を停止させることができるものとします。

第2条(定義)
本規約において使用される次に掲げる用語は、それぞれ下記の各号の意味を有します。
(1)「利用者」とは、本サービスを利用するすべての者をいいます。
(2)「会員」とは、当サービスに会員登録をした者をいいます。
(3) 「利用者情報」とは、利用者が当グループに開示した利用者の属性に関する情報および本サービスの利用に関する履歴等の情報をいいます。
(4)「会員情報」とは、会員が登録した、氏名、メールアドレスなどの全ての情報および本サービスの利用に関する履歴等の情報をいいます。
(5)「本アプリケーション」とは、「Fitness Archive」と呼称される、当グループが運営するモバイルデバイスにて利用可能なトレーニングの記録・管理アプリケーションをいいます。
(6)「本サービス」とは、本アプリケーションおよびこれに付随して提供されるサービスをいいます。
(7)「モバイルデバイス」とは、本サービスの導入が可能なスマートフォン、タブレットその他の情報機器をいいます。

第3条(会員登録)
1.本サービスは会員登録をせずにご利用いただくことも可能ですが、本サービスのうち一部のサービスをご利用いただく場合には会員登録が必要となります。
2.会員登録を希望する利用者(以下「申込者」といいます。)は、本利用規約に同意の上、当グループ所定の登録手続きを行っていただきます。
3.会員登録が必要なサービスを利用する場合は、以下の条件をお守りください。
(1)当サービスに会員登録をする場合には、当サービスが提供する会員情報登録画面より、当グループの指定する書式においてインターネット回線を通じて送信するものとします。
(2)利用者は、利用者自身の情報として真実かつ正確な情報を会員情報として入力するものとします。
(3)当サービスを通じて登録された会員情報については、当グループが保有するものとします。
(4)会員情報の使用および管理に関しては、会員が自ら責任を持つものとします。
(5)会員自身が行ったかどうかを問わず、自身の会員情報下で行われる一切の行為および結果に関して、会員は自らその責任を負うものとします。
4. 当グループは、会員登録の事前事後を問わず、申込者または会員のお申込み内容または登録情報を審査し、以下の項目に該当すると当グループが判断した場合には、当グループの判断により、会員登録を解除することができるものとします。
(1) 申込者または会員が存在しない場合
(2) 申込者または会員が送受信可能なメールアドレスを持たない場合
(3) 申込をした時点で第8条に定める処分を受けている、または過去に受けたことがある場合又は第8条各項のいずれかに該当しもしくは該当するおそれがある場合
(4) お申込み内容または登録情報に故意による虚偽の記載があった場合
(5) 申込者または会員が反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っていると判断した場合
(6) その他当グループが申込者または会員の会員登録を不適当と判断した場合

第4条(サービス)
1.本サービスは、トレーニングメニューの組み立てやトレーニングの記録・管理など、効果的なトレーニングをサポートするサービスです。
2. 本サービスのご利用には、モバイルデバイスに本アプリケーションのインストールが必要です。
3. 会員は、モバイルデバイス、通信サービス、インターネット接続サービスその他本サービスを利用するために必要となる機器およびサービスを、自らの費用と責任において準備するものとします。

第5条(メールアドレスおよびパスワードの管理)
1. 会員は、メールアドレスおよびパスワードについて、自己の責任の下で管理を行うものとし、登録情報が不正確または虚偽であったために会員が被った一切の不利益および損害に関し、当グループは一切の責任を負わないものとします。
2. 当グループは、ログイン時に入力されたメールアドレスおよびパスワードが、登録されたメールアドレスおよびパスワードと一致することを所定の方法により確認した場合、当該ログインを真正な会員のログインとみなし、会員による利用とみなします。

第6条(退会)
1.退会は当サービスが定める所定の場所から申請をし、当グループにデータが受信された時点で退会申請を受け付けたものとします。
2.当グループは、会員が、当サービスを退会した際に、当サービスを通じて登録した情報を継続して保有する義務を負わないものとします。
3.会員の退会により、他の利用者に不利益・損害が発生した場合においても当グループはその責任を負いません。

第7条(利用者情報の取り扱い)
1.当グループは、利用者にご入力いただいた情報は、以下の目的で使用することができるものとします。
・契約の履行(サービスの提供等)
・サービスに関する情報の提供および提案
・当グループが主催・共催・講演・協賛または支援するスポーツ団体からの情報を提供すること
・サービスの企画および利用などの調査に関する、お願い、連絡、回答
・サービス、その他の問合わせ、依頼などの対応
・展示会、セミナー、トレーニング、検証、その他のイベントに関する案内、回答
・統計資料の作成
・その他の一般事務の連絡、問い合わせ、回答
・当グループが提供しているサービスや広告の内容を充実させたり、改善したり、あるいは新しいサービスを検討したりするため
・利用者の本人確認を行うため
・当グループが適切と判断した事業者に対して厳格に秘密保持義務を課したうえで、調査対象を選択、抽出し集計するなど調査に必要な範囲に限って、提供する場合。この場合、当グループのサービスのご利用状況および当グループが実施したアンケート結果が開示されますが、氏名、生年月日、住所、電話番号、連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報が開示されることはありません。
なお、必要な項目を正しくご入力いただけない場合は、適切な対応ができない場合があります。
2.当グループは、本サービスの利用に関連して知り得た利用者の情報を、次のいずれかに該当する場合を除いて開示しないものとします。ただし、2号および3号の場合は利用者の同意を得ることが困難であるときに限ります。

 (1)法令の定めによる場合
 (2)人の生命、健康、財産等の重大な利益を保護するために必要な場合
 (3)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合
 (4)国の機関若しくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力をする必要がある場合であって、利用者の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
 (5)利用者が情報(氏名、住所等)の開示に同意している場合
 (6)当グループが本サービスの利用動向を把握する目的で利用者個人が特定できない範囲での情報を利用し、統計を取りまたは当該情報を公開する場合

3.利用者情報等の本規約に基づく個人情報の共同利用に関する管理責任者は、クロスプラネット株式会社とします。本規約に定めのない個人情報の取り扱いについては、クロスプラネット株式会社のプライバシーポリシーが適用されます。クロスプラネット株式会社 プライバシーポリシー

第8条(禁止行為)
当グループは、会員が本サービスを利用するに際して、次の各号に該当するまたは該当するおそれがある行為を行うことを禁止します。本条に違反したと当グループが判断する場合、当グループは、当該会員に対して①違反の是正を行うこと、②一時的に本サービスを利用停止とすることがあります(ただし、当グループはその義務を負うものではありません)。本条の措置により会員に不利益・損害が発生した場合においても、当グループはその責任を負いません。また、本条の定めにしたがって、当グループが行った行為に関する、質問、苦情は一切受け付けておりませんのでご了承ください。

 (1)本規約に違反すること
 (2)法令または公序良俗に反すること
 (3)犯罪的行為に結びつくことまたは犯罪的行為を助長すること
 (4)当グループ、他の会員または第三者の知的財産権(著作権、意匠権、実用新案権、
商標権、特許権、ノウハウが含まれるがこれに限定されない)を侵害すること
 (5)有害なプログラム・スクリプト等を送信する行為
(6)他の会員または第三者に不利益を与えること
 (7)本サービスと競合するサービスの提供、運営を自ら行い、または第三者をして行わせる行為(当グループの同意がある場合を除く)
 (8)当グループまたは第三者になりすます行為
 (9)通常利用の範囲を超えてサーバーに負担をかける行為
 (10)本サービスの運営を妨げること、または、当グループの信用を毀損すること
 (11)その他、当グループが不適当と判断する行為

第9条(本サービスの一時的な中断)
当グループは利用者に事前の告知なく、以下の理由で本サービスの提供を一時的に中断することがあります。
 (1)本サービスのシステムの保守、点検、修理をするとき
 (2)本サービスの稼働のための設備の保守、点検をするとき
 (3)火災、停電などによるシステム機器のトラブルがあったとき
 (4)天変地異、戦争、動乱、労働争議などによって本サービスの提供ができなくなったとき
 (5)その他、運用上、技術上、当グループが本サービスの提供の中断を行う必要があると判断したとき

第10条(本サービス利用の終了)
利用者は、本サービス利用の中止を希望する場合には、いつでも本サービスの利用を中止できます。利用者が本サービスの利用を中止する場合は、本アプリケーションを削除してください。

第11条(免責)
1.当グループは、本サービスの利用により発生した利用者の損害については、一切の賠償責任を負いません。
2.利用者が、本サービスを利用することにより、第三者に対し損害を与えた場合、利用者は自己の費用と責任においてこれを賠償するものとします。
3.当グループは、本サービスに発生した不具合、エラー、障害等により本サービスが利用できないことによって引き起こされた損害について一切の賠償責任を負いません 。
4.本サービス上のコンテンツおよび情報は、当グループがその時点で提供可能なものとします。当グループは提供する情報、利用者が登録するコンテンツおよびソフトウェア等の情報について、その完全性、正確性、適用性、有用性、利用可能性、安全性、確実性等につきいかなる保証も一切しません。
5.当グループは、利用者に対して、適宜情報提供やアドバイスを行うことがありますが、その結果について責任を負わないものとします。
6.本サービスが何らかの外的要因により、データ破損等をした場合、当グループはその責任を負いません。

第12条(著作権)
本サービスに関する著作権その他の権利は当グループに帰属し、会員は本サービスに関するコンテンツを無断で複製、編集、改編、掲載、転載、公衆送信、上映、展示、提供、販売、譲渡、貸与、翻訳、翻案、二次利用等をすることはできません。また、会員は本サービスに関して投稿等した内容について、著作権その他知的財産権の対象となる場合であっても、当グループに対し無償でその使用を許諾するものとします。

第13条(権利義務等の譲渡)
会員は、本規約上の地位に基づく一切の権利義務を、当グループの事前の書面による承諾なく、第三者に譲渡もしくは貸与し、または担保に供してはならないものとします。

第14条(分離可能性)
本規約の規定の一部が法令に基づいて無効と判断されても、本規約のその他の規定は有
効とします。

第15条(準拠法・裁判管轄)
本規約は、日本法を準拠とし、解釈されるものとします。 また、本規約に関し当グループと会員または利用者との間に訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

2015年3月20日 策定
2016年8月20日 改定