ジムでお尻と太ももを引き締め!【ダンベルブルガリアンスクワット】

今回はお尻と太ももを引き締める、ダンベルを使用したジムでのトレーニングを紹介します。

トレーニングのポイント

「ダンベルブルガリアンスクワット」の動きのポイントは2つ。

1.前方にある足のみに体重をかける。椅子に置いた足はバランスをとるためのサポートとして使用

2.つま先の方向に対して、膝が内側や外側に向かないよう注意すること

では、早速トレーニングの動きをチェックしましょう。

ダンベルブルガリアンスクワット(片足スクワット)の動き方

1.ダンベルを持ち、身体を少し前かがみにします。ベンチに片足のつま先の裏の甲をのせ、もう一方の足は大きく前方に置きます。

2.両手の幅を肩幅の1.5倍くらいにし、順手でダンベルのバーを握ります。

3.前方の足の膝を90 度、後ろの足の膝が地面にくっつくほどまで腰を落とします。
【注意点】前方の足の膝がつま先よりも前に出ないように。

4.曲げた膝を伸ばして、元の姿勢に戻します。

1日あたりのトレーニング目安

左右各 10回×3セットが目安。


監修

Mona
フィットネスモデル。ISSAパーソナルトレーナー、栄養士と多岐にわたって活動。自身のインスタグラムでは鍛え上げた美ボディやライフスタイルを発信中。